何度死んでも叫び向かう?

何度会っても話しても、触れても抱きしめても、
埋まらない溝や縮まない距離はあるんだ
知ってるのになー

なんでこんなに絶望させて、それでも手を差しのばすんだろう
わたしが諦めるの待ってるのかな
それとも人員が減るのが嫌なのか
あーあ。

どれだけ傷付いても差し伸べられた手を必死に掴んでしまう。
この手に触れたかったって思ってしまう。

ただの病気だ。
残念だね。

生まれ変わりたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。