膝のうえのともだち

買ったまま読んでなかったんだけど、書き下ろし小説ふと思い立って読んだ。
涙を流しながら読みました。
ココアは最強のねこさんです。
エッセイを読んでいたから町田康がどんな風にココアを始めとしたねこさんたちと接していたかがなんとなく分かるし、
ココアの最期の日々も、それに対する町田康や奥様の気持ちも、なんとなく分かっている。
だから苦しくて、暖かくて、涙が出たよう。
町田康の世界の見方が本当に好き。

短い小説だけど、ほんとにぐっときた。

あと、新潮文庫の限定カバーシリーズには毎回釣られてますが、今回はまた反則ですね。
ギラギラの金閣寺。思わず買いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。